マレーシア生活

マレーシアで英語勉強が増えている!?おすすめ語学学校とは??

投稿日:2019年3月1日 更新日:

Pocket

こんにちは。

デュアルライフプロデューサーの渡邊敬太の渡邊です。

 

マレーシアでは英語が通じます。

すごくきれいな英語ではないけど

英語が苦手な日本人からしたら

 

 

すごく住みやすい国だと思います。

 

でもせっかくならもっときれいな英語を勉強したい!

ちゃんと英語を喋れるようになりたい!

そう思われる方も結構多いんです。

 

 

やっぱり英語の勉強のためには

ネイティブ圏に行った方がいいのかな?

と考えますよね

 

 

実は最近マレーシアへの英語留学が増えているんです!!

 

そこで今日はネイティブ圏でもマレーシアでも

語学勉強をしたことがある僕の視点で

マレーシアに留学するメリットデメリットや

 

おすすめの学校についてもお話していきます。

 

 

1. 英語を学ぶにあたって一番大事なこと

英語学習の留学先のお話をしていく前に

語学留学をするにあたって

当たり前のことをお話します。

 

留学したからといって

英語が話せるようになるわけではありません。

 

これはネイティブ圏に行こうが

そうでない国にいこうが変わりません。

 

どこの国に行っても

語学学校に通っている時間以外の過ごし方ひとつで

英語の習得度合いは変わります。

 

私は多くの留学生を見てきましたが

せっかく異国で英語を使う環境に来ているのに

日本人とばかりと一緒にいる学生を多く見かけます。

 

他の国で日本語が使える環境で安心するのはわかりますが

それはただの甘えであって、何のためにもなりません。

 

本気で英語を習得したいなら

その留学先でしっかりと友達を作って

英語を常に使い続ける環境を作る努力をしましょう。

 

日本語脳になる時間が

少なくなれば少なくなるほど

英語の取得は早くなります。

 

 

2. ネイティブ圏 or 非ネイティブ圏!?

ではネイティブ圏と非ネイティブ圏に

留学することでの違いや

メリットが何なのかについてお話します。

 

2-1. ネイティブ圏での留学メリット

ネイティブ圏に留学するメリットは

言わずもがなネイティブの英語が

日常に溢れていることです。

 

非ネイティブ圏の国だと

一般のお店やレストランで話される英語の

アクセントや発音になまりがあります。

 

学校の先生はネイティブだったりするので

きれいな発音だったりしますが

街の人はそうとは限りません。

 

実際マレーシアではマレーなまりが激しく

彼らの英語を聞き取り理解することに

慣れるまで時間がかかりました。

 

シンガポールなども訛りが激しく

シングリッシュなどと呼ばれていますよね?

 

つまりネイティブでない国に行くと

ネイティブのアクセントや発音でない

英語が話されていることがあるのがデメリットです。

 

しかし、これも人脈の作り方次第で

非ネイティブ圏でも充実した留学生活を

実現することも可能です。

 

最近はグローバル社会なので

ネイティブスピーカーが普通に

マレーシアに住んでいるということもあります。

 

 

つまり自分の行動次第でネイティブの友達なんて

どこの国にいようが作ることが可能です。

 

ネイティブ圏の国に行ったのに

全然発音がきれいじゃない英語を習得して

返ってくる日本人なんてたくさんいます。

 

本当に自分が英語とどう向き合うかで変わるので

場所はそれほど重要じゃないと私は思っています。

 

あと、個人的に思うのはアメリカやカナダ、

イギリスなどをメインに仕事をするのであれば

ネイティブの英語に耳が慣れた方がいいですが、

 

それ以外の国であれば

そんなに気にしなくていいと思います。

 

と言うのも、英語を勉強していると

それぞれの国でアクセントに特徴があり

それぞれの国にそれぞれの英語があるんだなと

 

最近私は感じています。

中国人の英語、マレーシアの英語、

アラブ圏の国の英語、南アメリカ圏の英語

 

それぞれ個性であり、どれも英語だなと

私は思うようになったので、

正しい発音はもちろん大事ですが

 

相手に伝わる英語かどうかを意識する方が

大事かなと思います。

 

英語はコミュニケーションツールです。

相手に伝わらなければ意味がありません。

 

2-2. 非ネイティブ圏での留学メリット

一方で非ネイティブ圏での

留学メリットは留学費用です。

 

語学学校や場所によって

同じ国の中でも大きく金額は変わりますが

 

例えばアメリカの語学学校であれば

6カ月の語学学校の学費で80万円近く

(これより安いもあれば高いもあります)

 

さらにビザの申請費用や渡航費、

現地での住居など生活費と合わせると

半年で節約しても200万円くらいはみる必要あります。

 

これに対して、

マレーシアで私が通っていた学校ですが

こちら同じ6カ月の計算をしてみます。

 

6カ月の学費が約25万円。

ビザの申請含めてトータルで30万円。

 

生活費や渡航費を含めると100万円ほどで

それなりにいいところに住んで、

節約しなくてもおいしいものを食べて

 

半年間過ごしていけるくらいの金額です。

金額を見れば約2倍の差がありますし

生活の質を考慮すればもっと変わってきます。

 

ネイティブでない国の最大のメリットは

留学にかかる費用がネイティブ圏に比べて

半額くらいの想定で留学できることです。

 

 

3. どちらのほうがいいの?

こればかりは目的次第といったところです。

 

先程もお話した通り

留学しただけでは

英語が話せるようにはなりません。

 

どこに留学しようが

そこでの過ごし方次第で

あなたの英語の習得具合は変わります。

 

 

そしてあなたがネイティブのアクセントを求めるなら

ネイティブ圏の国に留学した方が

全ての生活はネイティブアクセントに包まれます。

 

そうではなくしっかりと

英語を使えるようになれればいい、

 

そしてどんどん友人を作っていける性格で

ネイティブの友達も含めて生活を充実させられる

そんな方であれば留学費用も安い

 

非ネイティブ圏の国に留学する形でもいいと思います。

何事もそうですがどこにいようが自分次第で環境は作れます。

 

あなたのこれから先、英語を使う環境

これから生活をメインで行う国によって

留学の行先を決めるのがいいのではないでしょうか。

 

 

4. マレーシアのオススメ語学学校

あなたがもしマレーシアの語学学校に

留学を考えているのであれば

おすすめできる語学学校をいくつかご紹介します。

 

学校によって金額も大きく変わってきますので

それぞれの特徴でどこがいいのか考えてみてください。

 

 

4-1. ELC(ENGLISH LANGUAGE COMPANY)

こちらの学校はオーストラリア本部を持つ学校で

クアラルンプールの中心街

ブキッビンタンにあります。

 

特徴はブリティッシュ英語を教えている学校で

先生はネイティブの先生を揃えるということに

こだわっている学校です。

 

先生もブリティッシュやアメリカの先生が

多く集まっている学校です。

 

授業は午前9時15分から始まり

小休憩とお昼休憩を2回挟み

午後の選択授業とエクストラ授業という構成です。

 

休憩が多いため拘束時間は長く

16時15分ごろに授業が終わります。

 

またこの学校はアラブ系の人と日本人が特に多く、

学校の8割はそれで構成されていると言えるくらいの比率です。

日本人は高校生や大学生など学生が多いイメージです。

 

日本にも積極的にPR活動で

留学フェアとかに来ているようで

 

日本人はこの学校しか

知らないのかなというくらい多いので

そこがちょっと気になります…

 

また授業料はマレーシアの中では

一二を争うほど高い学校です。

 

学費やビザ取得費、教材費などのトータルで

6カ月通うと52万ほどかかってきます。

 

ELCのホームページ

 

4-2. ELCの行き方

MRTまたはモノレールでBukit Bintang駅までいきます。

写真はMRTでBukit Bintang駅に着いたときの写真です。

Pintu A Changkat Bukit Bintangの出口から出ます。

 

 

外に出るとこのような景色が広がります。

 

すぐに左に道路を渡ってください。

そして左に歩いていきます。

目の前に見えるminigoodの交差点を渡らずに右に曲がります。

そしてひたすらまっすぐ歩いていきます。

アラブ系の料理のお店がいろいろと並んでいます。

 

ちなみにこのホテル

このホテルの向かいにあるAL SULTANという

アラブ料理のお店のシャオラマライスは絶品です。

ここのお店のシャオラマライスぜひ食べてみてください♪

 

ELCはまだ真っ直ぐ歩いていきます。

 

道路の対岸にCIMBが見えると近くなってきました。

このCIMBの隣にオシャレなバーや

レストランが並ぶエリアがあります。

 

ここは夜楽しいです!

ELCの先生はここでよく飲んでるらしいです。(妻談)

 

対岸にこのような景色が見えてくると

今歩いているところにもUAE X CHANGEの文字が

実はこのビルの3階にELCが入っています。

 

 

4-3. Stratford

次に紹介する学校は私が通っていたStratfordという学校。

ここはあまり日本人に知られていないようで

日本人が本当に少ない学校です。

 

私は7カ月ほど通ていましたが、

7か月間入れ替わりがあっても

日本人の合計人数が2~3人くらいです。

 

私がこの学校を選んだ理由もこれでした。

日本人が学校に多いと

学校の中でもどうしても日本語が聞こえてきます。

 

本当に意味のない時間になってしまうので

極力日本人と一緒にならない環境を探して

学校選びを行っていました。

 

ネイティブの先生は3割~5割くらいです。

ただ非ネイティブの先生の発音も

すごくきれいなのでおすすめの学校です。

 

こちらの学校はアメリカ英語を教えている学校です。

 

授業時間は毎月所属するクラスによって

時間割が変わりますが、

基本的には午前クラスか午後クラスです。

 

午前クラスの時間割なら9時から14時まで

午後クラスの時間割は13時から18時まで

となっています。

 

 

授業料は本当に安い学校です。

6カ月でビザ代含めトータル30万円。

 

マレーシアの中でも新しい学校のようで

人数はそこまで多くなく、料金も他と比べて

ダントツに安いのでかなり満足度は高い学校です。

 

Stratfordのホームページ

 

4-4. Stratfordの行き方

StratfordへはLRTという電車で行きます。

LRTのAmpang Parkという駅から歩いて5分ほど。

まずは改札を出て左の出口の方にいきます。

 

エスカレーターを上がっていきます。

 

エスカレーターを登り切ると右に出てください。

 

右に折り返すように歩きます。

 

そして左手にスタバが見えたらスタバのところを抜けていきます。

 

このまま道路沿いに真っ直ぐ歩いていきます。

この向かいにインターコンチが見えていれば正解です。

 

ひたすらまっすぐ歩いていきます。

 

するとPNBというホテルが見えます。

 

 

このホテルの中にStratfordは入っていますので

このままロビーから入って奥にあるエレベーターで

6階に向かってください。

 

4-5. Wall Street English

その他におすすめのところとして

Wall Street Englishがあります。

 

こちらはELCと同じくBukit Bintangにあり

モノレールを挟んでELCと逆側に進むとあります。

Lot10とfahrenheitの間にあるホテルの建物にあります。

 

1階のスタバが目印です。

 

特徴はクラス制の授業の他に

オンラインコースもあります。

 

また宿題をオンラインで行うシステムで

不明点などをクラスとは別の少人数グループ形式で

先生に質問する機会を月に数回設けています。

 

夜も10時くらいまで空いている学校とのことで

ビジネスマンなども多く、他の学校よりも

大人向けの印象を受けました。

 

自分でカリキュラムなどを決めて

自習もしっかり行っていける方には

向いている学校かと思います。

 

授業料はクラス制のコースで

ビザ込み6カ月の金額で50万円ほどです。

 

Wall Street Englishのホームページ

 

4-6. British Council

こちらはかなり歴史もある学校です。

場所はKLCC駅から徒歩圏内で

KLCCとはペトロナスツインタワーがあるところです。

 

個々の学校はスピーキングに特化している

学校とのことで、生徒が話す機会が結構多いとのこと。

 

日本人は高校の勉強などで

グラマーをしっかり勉強しているので

スピーキングに力を入れるべきと思います。

 

そういう意味ではおすすめの学校の一つです。

金額はメールで見積もりを取った金額ですが

4weekで3500RMとのことなので

 

6カ月で58万ほどの金額です。

これはビザの代金が含まれていないと思われますので

実際もう少し上がる可能性はあります。

 

British Councilのホームページ

 

 

5. まとめ

以上が英語学習についての情報でした。

留学は何度も言うようにどこの国に行くかよりも

その国でどう過ごすかの方が100倍重要です!

 

ネイティブの国のメリット

非ネイティブの国のメリット

それぞれありますので

 

ご自身に合った留学先を選びましょう。

 

留学したら日本語脳を捨てることに全力で!

 

ではまた次回!

『会社員が35歳までに生涯賃金3億円を創りだすメソッド』コーチ 渡邊


またメルマガで定期的に投資や海外移住の情報を発信しています。
投資の考え方、リスクの考え方、リスクヘッジの作り方だけでなく
優良な投資案件情報や今熱い資産の作り方、海外移住するために必要なことなど

ブログでは発信していない内容がかなりあります。
多くの方に『常識に縛られた日本人』ではなく、
『何にも縛られない世界人』になっていただきたい

そんな想いで情報を発信しています。
お気軽に以下のフォームよりご登録ください。

『【渡邊敬太】何にも縛られない世界人へ』
メルマガ登録はこちらから


またLINE@では直接メッセージのやり取りもさせていただいてます。
聞きたいことなどお気軽に聞ける環境なので
ぜひこちらもお気軽に友達追加してくださいね。






また私自身がどのような人間なのか知りたいという方も

いらっしゃると思います。


簡単にではございますがプロフィールを作らせていただいてます。

ご興味をお持ちいただけた方は一度見ていただければと思います。



プロフィールはこちら




今私はマレーシアに住んでいて、マレーシアの情報もどんどん発信してます!

テーマを分けてはいるので資産形成のテーマを読みたい方は



『会社員が35歳までに生涯賃金3億円を創りだすセカンドライフ投資』


のテーマで絞って見てください!



ご愛読ありがとうございました。



『会社員が35歳までに生涯賃金3億円を創りだすメソッド』コーチ 渡邊


Pocket

-マレーシア生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マレーシアで日本食のレストランが並ぶフロア『J’s GATE』

こんにちは。 デュアルライフプロデューサーの渡邊敬太です。   今日は久しぶりにマレーシア情報を更新します。   いや~、日本に帰ってきて もうすぐ1カ月半くらいになるんですが & …

Hello 2019! あけましておめでとうございます。マレーシアの年末年始紹介

こんにちは。 『会社員が35歳までに生涯賃金3億円を創りだす資産形成メソッド』コーチの渡邊です。   2019年、あけましておめでとうございます。 昨年に引き続き今年もブログの更新を頑張って …

海外での住居の探し方。海外移住前の必須準備編【YouTubeチャンネル更新】

こんにちは。 デュアルライフプロデューサーの渡邊敬太です。   今日も昨日の続きで 海外移住の必須準備編の第二弾   海外での住居の探し方です!     移住す …

マレーシアで感じる日本との違い。海外の価値観の好きなポイント

こんにちは。 『会社員が35歳までに生涯賃金3億円を創りだす資産形成メソッド』コーチの渡邊です。   最近ある出来事があって気づきを得ました。 それはマレーシアに来てからよくあることで 自分 …

マレーシアの住居はどんなの?自宅と家賃を大公開!!

こんにちは!!渡邊です!! 今日はマレーシアについて書きます!     この間マレーシアという国について紹介させていただきましたが 今日はみなさん気になるマレーシアの物件情報をお伝 …

公式メルマガ登録はこちらから

プロフィール

『会社員が35歳までに生涯賃金3億円を創りだすセカンドライフ投資』コーチの渡邊です。

私は社会人6年目の28歳で脱サラし現在は海外移住を実現しマレーシアにて日本のサラリーマン向けのコンサルを行い、何にも縛られない世界人を作る活動中。

平凡な両親の家庭で育つ。

2013年株式会社キーエンスに入社するも、自分の夢に挑戦したい思いが強くあり脱サラの準備をすることを決意。会社の給料以外で収入源を作ることを目的に投資してみるも失敗し数百万の損失に。その後メンターと出会い、一から投資の極意を教えてもらうことで、入社1年目の終わりから資産形成に取り組み4年間で生涯賃金3億円分の資産と月収100万円の不労収入を形成。

夢は個人が何にも縛られない人生を主体的に歩めるように学校の教育を変え、子供たちが自分で人生を選択できる力を付けられる教育環境を作る。

詳しいプロフィールはこちらから

 

LINEでより詳しく資産形成の考え方や投資情報、ビジネス情報を発信しています。お気軽に友達追加してみてください。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。