マレーシア生活 海外移住するためには

海外での住居の探し方。海外移住前の必須準備編【YouTubeチャンネル更新】

投稿日:

Pocket

こんにちは。

『会社員が35歳までに生涯賃金3億円を創りだす資産形成メソッド』コーチの渡邊です。

 

今日も昨日の続きで

海外移住の必須準備編の第二弾

 

海外での住居の探し方です!

 

 

移住するときの家って

どうやって探すの??

 

となると思います。

 

マレーシアの場合のお話を今日はさせていただきますね。

基本的にはどこの国でも同じような流れには

なると思いますが。

 

 

まぁこれもググったら出てくるんですが

 

「マレーシア 不動産 賃貸」

とかでいろんな賃貸物件を載せてる

会社が出てきます!

 

 

その中でも僕が見ていてオススメのところが

いくつかありましたのでそちらも紹介します。

 

 

 

1. 日本との違い

日本では賃貸の仲介会社が

たくさんの住居情報を持っています。

 

スーモに載っていたら、

アパマンにも載っている。

仲介会社が一気に広告会社に載せます。

 

マレーシアでは(海外では?)基本的に

オーナーが自分で探したり

仲介会社と契約します。

 

ただし海外にはスーモみたいな

総合の広告サイトがないので

 

各仲介会社のホームページで

紹介されている物件しか

探しようがありません。

 

Aという仲介会社に載っている物件が

Bという仲介会社には載っていない

ということはよくあります。

 

つまりいろんな会社を

見比べて探す必要があります。

 

 

私が当時探していた時に見ていたところは

 

ナカノプロパティ

⇒ http://nakanopropertymalaysia.com/

 

・KL不動産

⇒ http://www.klfudousan.com/?lang=ja

 

この二つをメインで使って

探していました。

 

 

2. 家を見たい場合はどうする?

いろんなサイトで

自分が住んでみたい家を探して

ピックアップした後には

 

その家を実際見てみたいと思いますよね!?

 

 

大丈夫です!

現地視察もちゃんとできます!

 

 

各会社で現地の物件視察ツアーを組んでくれます。

 

せっかく日本からマレーシアに行くので

1件だけ見るなんて言うのは

かなりもったいないですし

 

仲介会社も一日付きっきりで

一緒に案内して回ってくれるので

 

1カ月前くらいから相談して

5~8件くらい一日で回りたいところに

ツアーを組んでみましょう。

 

 

もちろんそれ以上の数を

2、3日かけて回るのもいいと思います。

 

 

各会社ごとに見たいところピックアップして

自分の気に入っているところを見て回るのが

住居選びのオススメのやり方です。

 

 

もし前もって見る時間がない

とかであればわざわざ急いで

契約する必要はなく

 

 

2週間とか1カ月で契約できる

サービスアパートメントに最初は滞在し

街やエリアが詳しくわかってから探す

 

といったゆったりプランでもいいと思います!

 

 

3. 交渉は可能なのか?

基本的にはマンションごとに

相場はありますが

一律で決まっているわけではありません。

 

オーナー毎に自由に設定しているので

交渉はまだしやすいと思います。

 

 

同じマンションでも高層階と低層階で

家賃は変わらない代わりに

低層階の方が家具は豪華ということも

ありますし、

 

同じマンションで何部屋も持っているオーナーは

階層ごとに金額差を出している方もいます。

 

 

視察の時にはオーナーが

現地に来てるくれることも多いので

 

 

ぜひ交渉してみましょう!

 

 

交渉手段例は

 

・今日決めるから安くして

・1年分一括で払うから安くして

・低層階だから安くして

・この家具もつけてほしい

(レンジ、炊飯器とか足りないもの)

 

 

日本だとオーナーと顔を合わせる事なんて

ほとんどないので、仲介会社を通して

交渉をしますが

 

その場でできる分融通がききやすい

という印象ではあります。

 

 

4. まとめ

海外で住居を探す際には

まず日本にいる間に

 

候補になる家をピックアップして

現地で視察できるツアーを組みましょう!

 

 

家の写真だけだと

まわりの町の雰囲気や

 

ローカル感が強いのか

シティ感が強いのか

など現地を見ないとわかりません。

 

マンションの雰囲気や壁やドア

トイレなどの水回りなど

細かいところは写真だとわかりません。

 

必ず現地で見ることをオススメします!

 

よく留学生とかで

エージェントが勝手に決めた部屋で

最悪だと言ってるのを聞くので…(笑)

 

 

全部任せきりにせず

自分で最後は選びましょう!

 

ではまた次回!

『会社員が35歳までに生涯賃金3億円を創りだすメソッド』コーチ 渡邊


またメルマガで定期的に投資や海外移住の情報を発信しています。
投資の考え方、リスクの考え方、リスクヘッジの作り方だけでなく
優良な投資案件情報や今熱い資産の作り方、海外移住するために必要なことなど

ブログでは発信していない内容がかなりあります。
多くの方に『常識に縛られた日本人』ではなく、
『何にも縛られない世界人』になっていただきたい

そんな想いで情報を発信しています。
お気軽に以下のフォームよりご登録ください。

『【渡邊敬太】何にも縛られない世界人へ』
メルマガ登録はこちらから


またLINE@では直接メッセージのやり取りもさせていただいてます。
聞きたいことなどお気軽に聞ける環境なので
ぜひこちらもお気軽に友達追加してくださいね。






また私自身がどのような人間なのか知りたいという方も

いらっしゃると思います。


簡単にではございますがプロフィールを作らせていただいてます。

ご興味をお持ちいただけた方は一度見ていただければと思います。



プロフィールはこちら




今私はマレーシアに住んでいて、マレーシアの情報もどんどん発信してます!

テーマを分けてはいるので資産形成のテーマを読みたい方は



『会社員が35歳までに生涯賃金3億円を創りだすセカンドライフ投資』


のテーマで絞って見てください!



ご愛読ありがとうございました。



『会社員が35歳までに生涯賃金3億円を創りだすメソッド』コーチ 渡邊


Pocket

-マレーシア生活, 海外移住するためには

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マレーシアでの生活発信 ~住みたいランキング10年連続1位の国マレーシア~

こんにちは。渡邊です!     この2018年に私は人生で大きな転機を迎えました。   サラリーマンを卒業し、家族で南国の国マレーシアに移住してきました! 常夏で気候もよ …

マレーシア生活情報。旧正月のお祝い。チャイナタウンレポート。

渡邊敬太です。     今日はチャイニーズニューイヤーと言うことで 朝からドラの音が鳴り響いていたKLです。   このマレーシアでは前にもちらっと お話しましたが、 新年 …

自宅公開!!マレーシアのコンドミニアムとは

こんにちは。 『会社員が35歳までに生涯賃金3億円を創りだす資産形成メソッド』コーチの渡邊です。   How To 海外移住というチャンネルで 海外移住の進め方をお伝えしていっています。 & …

価値観を広げて、人生の選択肢を増やす手っ取り早い方法!

こんにちは。 『会社員が35歳までに生涯賃金3億円を創りだす資産形成メソッド』コーチの渡邊です。   価値観を広げる事って難しいと感じますか? 最近は多様な価値観を尊重するとか 理解しろとか …

マレーシアの住居はどんなの?自宅と家賃を大公開!!

こんにちは!!渡邊です!! 今日はマレーシアについて書きます!     この間マレーシアという国について紹介させていただきましたが 今日はみなさん気になるマレーシアの物件情報をお伝 …

公式メルマガ登録はこちらから

プロフィール

『会社員が35歳までに生涯賃金3億円を創りだすセカンドライフ投資』コーチの渡邊です。

私は社会人6年目の28歳で脱サラし現在は海外移住を実現しマレーシアにて日本のサラリーマン向けのコンサルを行い、何にも縛られない世界人を作る活動中。

平凡な両親の家庭で育つ。

2013年株式会社キーエンスに入社するも、自分の夢に挑戦したい思いが強くあり脱サラの準備をすることを決意。会社の給料以外で収入源を作ることを目的に投資してみるも失敗し数百万の損失に。その後メンターと出会い、一から投資の極意を教えてもらうことで、入社1年目の終わりから資産形成に取り組み4年間で生涯賃金3億円分の資産と月収100万円の不労収入を形成。

夢は個人が何にも縛られない人生を主体的に歩めるように学校の教育を変え、子供たちが自分で人生を選択できる力を付けられる教育環境を作る。

詳しいプロフィールはこちらから

 

LINEでより詳しく資産形成の考え方や投資情報、ビジネス情報を発信しています。お気軽に友達追加してみてください。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。