自由な人生の実現方法

人口減少が日本にもたらす未来。会社や国はあなたを救う余裕なんてない。

投稿日:

Pocket

こんにちは。

『会社員が35歳までに生涯賃金3億円を創りだす資産形成メソッド』コーチの渡邊です。

 

 

最近のニュースを見ていると

日本の経済だけでなく

 

アメリカやヨーロッパなど

世界経済での先行きが不安視されている

というニュースをよく見ます。

 

今日も経済の動向が

どのように個人に影響してくるのか

 

その中で昨今日本で行われている

ベースアップや人口減少の影響

そちらについてお話していきます。

 

 

1. ベースアップがもたらすもの

昨日は日本の借金が私たちにもたらす影響と

銀行の金利の関係についてお話しました。

まだご覧になっていない方はこちらをご覧ください。

 

https://kaishainnoshisankeisei.com/secondlifeinvest/japanesedebt/

 

 

 

そこでお話したのは

 

政府の今取っている金融政策は

デフレ脱却のために市場にお金を流そうとしている

とお話をしました。

 

しかしこの金融対策は物価の上昇による

デフレ脱却ができたからといって

経済状況がよくなるわけではありません。

 

ここからさらにインフレにさせなければなりません。

 

 

しかし、このハードルがかなり高い!!

今の日本では物価は少しずつ上がっているけれども

賃金が全く上がっていないのです。

 

 

この賃金というのがけっこう厄介です。

 

 

安倍首相も経団連に働きかけ

ベースアップをここ数年

企業に働きかけてきました。

 

 

大企業で多少のベースアップがあったかもしれませんが

政府の狙いであった消費の活性化には至っていません。

 

消費を底上げして市場にお金を流すことが

目的でしたが、それほどの景気回復感は

消費者にとっても得られませんでした。

 

 

このベースアップは企業にとっては

一番コストの割合で高くなる人件費です。

どちらかというと下げたい項目。

 

 

しかし安倍首相の政治パフォーマンスのため

企業にとっては痛い思いを

しているところもあります。

 

 

 

どういった政治パフォーマンスが隠れているのか

そしてどういった背景で物価上昇が起こり

今後どうなってしまうのかこちらを解説していきます。

 

 

2. 消費税政策に失敗している日本

まず前提は日本経済は停滞していること。

これを改善したいと考えています。

 

 

今年また消費税の増税があります。

10%に引き上げられます。

 

この前まで5%だったのに…

また上がるのか…

と思っている方もいらっしゃると思いますが

 

 

実はこの消費税10%は世界的に見ると

日本は低い方なのです。

 

 

ヨーロッパは消費税は20%前後です。

スウェーデンは25%もあります。

 

アメリカは州のよってバラバラです。

中国は物によって税率が変わります。

16%~0%の間です。

 

 

日本は先進国の中では比較的税率が低い方です。

 

 

政府にとって大きな財源に当たる消費税ですが

日本は消費税導入の段階から消費税政策に関して

失敗していました。

 

 

なぜかというと、

後から率を上げることがとても困難だからです。

 

 

しかも人口は減少の一途をたどっています。

消費税を上げたいと思っても環境的にももう難しい。

 

 

3. 人口減少の波はもうそこまできている

そして人口の減少がさらに経済を悪くします。

 

 

今後物価が緩やかに横に推移していく中で

人口はどんどん減っていきます。

毎年40万人ほどのペースで減っている

 

 

40万人ってどんなもんなの??

イメージつかないですよね?

 

 

ちょうど東京都品川区の人口が38万人です。

毎年品川区の規模が無くなっていっている

と考えてください。

 

思っていたよりけっこう大きくないですか!?

 

 

よく人口の統計図なんかをニュースとかで見ると

若年層と労働生産層と高齢者に分けられて

私たちに説明されるので

 

まだまだ割合的には労働生産層と若年層が

多いじゃないかと思われるかもしれません。

 

 

けれど、これもどこで切り取るかなんですよ。

 

 

同じ数字でも切り取り方だけでハッとします!

さらに人口の減少に拍車をかけるデータですが

 

 

その人口統計データを女性のデータを

50歳で線引きするととんでもないことが!!

 

 

来年の2020年には

全女性の人口のうち50歳以上が半分を占めます。

 

 

つまり日本に生きている女性の半分は

50歳以上の女性です!

 

 

人口減少なんて…って言ってたら

もうその問題はここまで

大きくなっているんですよ!

 

 

単純に考えても10年先は

今より出生率はさらに下がりますよね?

 

子どもを産める女性が少なくなるわけです。

 

しかも今は多様な働き方が認められる社会

女性の中でも結婚や子供を考えていない方も

もちろんいらっしゃると思います。

 

そうなるとそもそも結婚相手がいない男性が

増えてくる可能性もさらに高くなります。

将来的に独身割合が増えていくと言われています。

 

 

これは結婚はまだいいやとかの若い時の考えではなく

単純に結婚相手がいなくてできないというのが増えてくる。

 

 

そうなってくるとそのうち毎年

人口が100万人のペースとかで

減っていく計算になります。

 

100万人ってどれくらいの規模かと言うと

京都市とか神戸市くらいの大きさです。

大きな都市が丸々毎年無くなっていく。

 

 

移民を受け入れる入れないとかの問題ではなく

受け入れないとそもそも社会が成り立たなくなる。

 

移民受け入れ政策の整備を早くしないと

日本の多くの仕事がなくなります。

 

 

このまま移民を受け入れない場合

日本の人口は2050年には8000万人に減ります。

今のおよそ2/3です。

 

 

4. 人口が減ると社会への影響は?

日本の産業の中でコンビニ産業は

人口に合わせてある程度まばらに

お店が出ていますよね??

 

 

人口が減るということは

全店の売り上げが2/3~1/2に減っていきます。

 

多くのコンビニが潰れ、コンビニもデパートのように

都市部にのみ出店になっていく可能性があります。

つまり淘汰されていきます。

 

 

これはコンビニに限らず

すべての産業このようになります。

 

10年先、20年先を見た時に

今あなたがやっている仕事が

将来も市場に残っているかなんてわからない

 

これが今の日本です。

 

だれも体験していない市場の縮小です。

 

 

それに拍車をかけるようにAIやロボットによる

自動化が行われていきます。

 

人件費より安く、正確な仕事をしてくれます。

タクシーなどの運転手は間違いなくなくなります。

 

 

ロボットが出てきて世の中が便利になると同時に

あなたの仕事はなくなり、生きていくための

給料を稼ぐ術が無くなっていくわけです。

 

労働人口からしたら自動化は

手放しに喜べるものではありません。

 

人口減少って本当に深刻な問題なんです。

 

 

5. ベースアップは手放しに喜べない

そして安倍首相の政治パフォーマンス。

 

アベノミクスでインフレ率2%を目指すと

お金をたくさん刷って、企業のベースアップを

働きかけたりとやっています。

 

このベースアップは支持票を集めるための

パフォーマンスであり、

結果的に国民の首を絞めていっています。

 

 

みなさん給料が上がると喜びますよね!?

だから表面上安倍さんの票は集まります。

 

でもこれを喜んでいたら大変なことになります。

 

 

今日本経済はデフレです。

物価は本来下がっている状態のところです。

 

 

しかし経団連に働きかけ

無理やり賃金を上げることを行いました。

 

会社にとって給料とは

かなり大きなコストです。

 

 

この人件費を賄うために

どうしなければいけませんか??

 

 

売り上げを大きくしないといけません。

 

そう、そこで行われたのが値上げ!

物価が少し上がりました。

 

 

しかし企業にとってこのままだと

つらい要因がもう一つあります。

 

それは原材料の高騰です。

 

 

最近の製品の原材料はほとんどが海外です。

日本の人口は減少していますが

世界の人口はまだ増えています。

 

つまり原材料は買われがちなので

高騰していっています。

 

 

企業側からするとコストが

どんどん膨らんでいきます。

 

 

賃金も上げないといけない

原材料も膨らんでいく

コストに圧迫されていくと

 

企業が取れる対策は大幅なリストラです。

 

早期退職の募集など含めて

コストカットに取り組むしかありません。

 

 

安倍首相はこのカラクリも全部わかった上で

企業にベースアップを迫っています。

支持率が上がれば政治を続けられるわけです。

 

政治家でいられれば大きな報酬が貰えます。

 

 

6. まとめ ~インフレ率2%が達成された場合にやること~

以前に銀行に預ける際に金利を見たほうがいいと

お話しましたが、

 

インフレ率が2%になった場合、

2%以上の年利の金融機関に預けないと

お金は目減りしていきます。

 

金利が今のような状態のところに預けて

2%のインフレが起こると、

2%ずつあなたのお金は価値が下がっていくのです。

 

日本の銀行に預けていてもどんどん減っていきます。

 

 

政治家は頭がいいです。

そして国民のことをバカだと知っています。

だからメリットだけしか話しません。

 

 

銀行に預けても資産が目減りしていくのも

知っていながら、私たちの資産を

銀行に預けさせます。

 

財産税をいつでも施行できるように

国民の資産を把握しにいっています。

 

マイナンバーが敷かれたところから

計画がどんどん進んでいっています。

 

私たちにメリットになるポイントしか説明しないので

その裏にはどんな意図があるのか

これを常に考えるようにしましょう。

 

 

ではまた次回!

『会社員が35歳までに生涯賃金3億円を創りだすメソッド』コーチ 渡邊


またメルマガで定期的に投資や海外移住の情報を発信しています。
投資の考え方、リスクの考え方、リスクヘッジの作り方だけでなく
優良な投資案件情報や今熱い資産の作り方、海外移住するために必要なことなど

ブログでは発信していない内容がかなりあります。
多くの方に『常識に縛られた日本人』ではなく、
『何にも縛られない世界人』になっていただきたい

そんな想いで情報を発信しています。
お気軽に以下のフォームよりご登録ください。

『【渡邊敬太】何にも縛られない世界人へ』
メルマガ登録はこちらから


またLINE@では直接メッセージのやり取りもさせていただいてます。
聞きたいことなどお気軽に聞ける環境なので
ぜひこちらもお気軽に友達追加してくださいね。






また私自身がどのような人間なのか知りたいという方も

いらっしゃると思います。


簡単にではございますがプロフィールを作らせていただいてます。

ご興味をお持ちいただけた方は一度見ていただければと思います。



プロフィールはこちら




今私はマレーシアに住んでいて、マレーシアの情報もどんどん発信してます!

テーマを分けてはいるので資産形成のテーマを読みたい方は



『会社員が35歳までに生涯賃金3億円を創りだすセカンドライフ投資』


のテーマで絞って見てください!



ご愛読ありがとうございました。



『会社員が35歳までに生涯賃金3億円を創りだすメソッド』コーチ 渡邊


Pocket

-自由な人生の実現方法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

メンタルの成長。助けてもらうお願いをすること。

こんにちは。 『会社員が35歳までに生涯賃金3億円を創りだす資産形成メソッド』コーチの渡邊です。     先日からメンタルの成長をテーマにお話しさせていただいています。 今日はいよ …

現職と天職の距離。絶対的な価値の作り方。好きなこと×得意なこと×ニーズ

こんにちは。 『会社員が35歳までに生涯賃金3億円を創りだす資産形成メソッド』コーチの渡邊です。   先日までで自分のタイプを知ることと 「現職」と「天職」との距離という項目について お話し …

セルフイメージアップ体験。行動の質をぐんと上げる方法!

こんにちは。 『会社員が35歳までに生涯賃金3億円を創りだす資産形成メソッド』コーチの渡邊です。     資産形成において大事な要素としてメンタルと7つの財布をお伝えしてきました。 …

仮想通貨バブル崩壊!?投資判断の3つの視点。

こんにちは。 『会社員が35歳までに生涯賃金3億円を創りだす資産形成メソッド』コーチの渡邊です。   今日は表題の件ということで   仮想通貨について考えていこうかと思います。 & …

自分で稼ぐスキルがないと人生詰む

こんにちは。 『会社員が35歳までに生涯賃金3億円を創りだす資産形成メソッド』コーチの渡邊です。     久しぶりの投稿ですね。 日本に帰ってきてから プロデュースの案件に携わって …

公式メルマガ登録はこちらから

プロフィール

『会社員が35歳までに生涯賃金3億円を創りだすセカンドライフ投資』コーチの渡邊です。

私は社会人6年目の28歳で脱サラし現在は海外移住を実現しマレーシアにて日本のサラリーマン向けのコンサルを行い、何にも縛られない世界人を作る活動中。

平凡な両親の家庭で育つ。

2013年株式会社キーエンスに入社するも、自分の夢に挑戦したい思いが強くあり脱サラの準備をすることを決意。会社の給料以外で収入源を作ることを目的に投資してみるも失敗し数百万の損失に。その後メンターと出会い、一から投資の極意を教えてもらうことで、入社1年目の終わりから資産形成に取り組み4年間で生涯賃金3億円分の資産と月収100万円の不労収入を形成。

夢は個人が何にも縛られない人生を主体的に歩めるように学校の教育を変え、子供たちが自分で人生を選択できる力を付けられる教育環境を作る。

詳しいプロフィールはこちらから

 

LINEでより詳しく資産形成の考え方や投資情報、ビジネス情報を発信しています。お気軽に友達追加してみてください。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。